ベジタリアンの疑問に答える 宮澤賢治作『ビジテリアン大祭』

ベジタリアンについて、その健康への効用、動物の権利、非ベジタリアンとのつきあい方など諸説耳にします。
童話作家で有名な宮澤賢治もベジタリアンであったことは、同じ日本人には広く知られていません。

宮澤賢治はベジタリアンに関する社会的見解を小説『ビジテリアン大祭』にまとめてあります。

作品のリンク:宮澤賢治作『ビジテリアン大祭』

「ベジタリアンは肉食をしない分、栄養に乏しく健康を害している」
「ベジタリアンは動物は殺生しないというが、植物の生命をないがしろにしているだろう?」
「肉食を否定してしまったら、世界でますます飢餓に苦しむ人たちを増やすばかりではないか?」

このようなベジタリアンに向けられる一切の疑問を宮澤賢治は一手に引き受け、活きた文章で答えてくれます。

ベジタリアンはもちろんのことビーガン、マクロビオティック、フルータリアン、リキッダリアン、ブレサリアンなど肉食を離れて生きていこうとする機運がここ日本でも高まっています。

実践よりもまず頭で考えたい、理屈が好きだという方は、ぜひ彼の作品を読んでください。

すでに肉食を離れた生活をしている方は、自らの行動に自信をもつために小説に目を通してください。

世の中を変えたいのなら、なにも大きなことをしなくていい、自分の立っている足もとの環境から変えよう!

そんな気持ちがひしひしと伝わってくる作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Enter Captcha Here : *

Reload Image

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください