勉強ノート『チャスポット』

日々勉強したことをまとめているブログサイトです。

就職・転職|求人票の「年間休日数」は水増しされているのか?

投稿:2018-05-01
更新:-

法律_イラスト

この記事では、ハローワークなどの求人票に記載されている「年間休日数」の記載日数について、応募者が事前に確認しておいた方が良いと思われる内容を挙げている。

 

「年間休日数」が水増しされている??

年間休日数」が水増しされているのではないかと疑う友人がいる。

友人の話であるが、求人票に提示されている休暇日数分、実際に取得できていないとのこと。求人票に記載されている年間休日数は”水増しされている”というのだ。

彼の理屈はこうである。

彼の勤務体系は

・週休二日制
・祝祭日は休みなし
・正月は3日分、盆休みは2日分の休みが取得できる

つまり、

彼の年間休日数 = 年間の土日の日数分+( 正月3日分 + 盆休み2日分 )

となる。

彼の年間休日数を 2018年4月~2019年3月 の期間で計算してみよう。

2018年04月 30日分のうち土日は09日
2018年05月 31日分のうち土日は08日
2018年06月 30日分のうち土日は09日
2018年07月 31日分のうち土日は09日
2018年08月 31日分のうち土日は08日
2018年09月 30日分のうち土日は10日
2018年10月 31日分のうち土日は08日
2018年11月 30日分のうち土日は08日
2018年12月 31日分のうち土日は10日
2019年01月 31日分のうち土日は08日
2019年02月 28日分のうち土日は08日
2019年03月 31日分のうち土日は10日

年間365日のうち土日は計105日

105日 + 正月3日分 + 盆休み2日分 = 110日

110日、これが彼の正確な年間休日数である。

しかし、提示されている求人票には 120日 と記載されていて 10日 も多い。

この10日分の休みはいったいどこから算出されたのであろうか?

 

水増しのカラクリ、それは休憩時間の休日換算

10日分の休日日数、これは、普段の労働時間の休憩1時間を年間休日数に換算して上乗せされていると彼は主張する。

彼の出勤日数は 365 – 110 = 255日

8時間を超える労働のうち1時間は休憩時間であるため、出勤日数 255日 のうち休憩時間は 255時間である。255時間を日数換算すると、

255時間 ÷ 24時間/日 = 10.6日

となる。

10.6日を切り下げると10日、

よって、表示上の年間休日数は本来の110日ではなく、

110日 + 10日 = 120日

という結果がデキアガルのである。

 

休憩時間を休日数に換算してもよいのか?

ここで、疑問が残る。労働日の休憩時間を休日数に換算してもよいのか?ということだ。

Q 休憩時間は法律で決まっていますか?

A 労働基準法第34条で、労働時間が
6時間を超え、8時間以下の場合は少なくとも45分
8時間を超える場合は、少なくとも1時間
の休憩を与えなければならない、と定めています

休憩時間は8時間を超える場合に1時間以上の休憩を与えなければならない。これは、労働を連続で8時間を超えるその日のうちに1時間与えなければならないので、労働があってこその休憩時間である。この休憩時間を休日数として換算してしまえば、労働者は、普段休憩時間を取っておらず、8時間休憩もなしに連続で働いているという解釈になる。

よって、彼は、休憩時間を年間休日数として換算することはできないと考えている。

この件に関して、労働基準監督署や社会保険労務士に確認したわけではないので、あくまで彼の意見を代筆させていただいたまでであるが、読者の方で企業に応募する前に「年間休日数」に関して不安や疑問が残る場合は、お近くの専門家に事前に相談・確認していただきたいと思っている。

私は労働者と雇用者とが双方満足いく労働環境が構築されるよう強く願っている。

 

参考

厚生労働省 労働時間・休憩・休日関係 (アクセス日:2018-05-01)
[icon name=”external-link” class=”” unprefixed_class=””]www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoujouken02/jikan.html

Please leave your comment.

Enter Captcha Here : *

Reload Image

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください