孤高の勉強ノート『チャスポット』

日々勉強したことを纏めています

金融|為替相場と向き合う姿勢について説明せよ




為替相場と向き合う姿勢について説明せよ

 
 
 
 
  
 
 (以下に回答を記す)
  
 
 
  
 
 

 
 為替相場とは、為替相場というひとつの土壌に資金の流出入が絶えず起こっている開放系である。それゆえ、相場は絶え間ない変動を余儀なくされ、その未来予測は理論上は不可能とされている。複雑系、非線形アプローチなどの数理モデルで過去の相場変動を分析し、未来を予測する手段が最近話題となっているが、そのようなアプローチから導かれた近未来の予測が、突然の暴騰落によって裏切られた例は複数存在する。
 
 
 そのような不確定な相場の変動に向き合う姿勢としては、自分が確実に納得できる分析ツールを身につけ、不確定な相場変動に対してより確実性をもったアプローチを行いリスク管理された資金を投入、その結果をもって、変動する社会現象の複雑性をあらためて実感し、不安を乗り越えたりあるいは高邁な態度を諫める貴重な機会を得ることのできる謙虚さがとても重要である。
 
 
 謙虚な心はなにも為替相場に向き合うだけにとどまらず、実生活にも大いに役立つことになる。一瞬で資金を溶かす危険性のある為替相場に向き合うことは、未知の物事に対処する折に冷静な気持ちを思い出させてくれる。
 
 
 為替相場は目に見えない群集心理が渦巻く人工的な土壌ではあるため、それに参加を強要されることは固く禁じられなければならない。しかし、我欲に気づき人格形成を図るならばこれほどトレーニングになる場所はない。謙虚な心はいつになく必要とされることに気がつくであろう。
 
 
 
 
 
 
  

 
 
 

 
 

~ Ads by Google ~

 
 
 
   
 
 
 

Please leave your comment.

Enter Captcha Here : *

Reload Image